FC2ブログ

日本の最大の国際貢献-植民地廃絶

神風特別攻撃隊の第一号は、
フィリッピンのマバラカット飛行場から出撃した、
「敷島隊」で、
指揮官は、海軍兵学校70期の、関行男大尉です。

しかしどうやら本当の特攻第一号は、
セブ島から出撃した「大和隊」の久納好孚中尉だ、という説があります。久能中尉


久能中尉はH大学出身の、ペンを操縦桿に代えた学徒兵。
特攻第一号は、どうしても職業軍人から出す必要があったのでしょう。
結果として、久能中尉は戦史上、無視された結果になっています。

実は、このH大学に、我が家の息子が通っております。
「本学の卒業生が、実は特攻第一号である!」って、キャンペーンしないのか?
そう
聞いてみましたが、国防オタクでもある息子に、
鼻で笑われました。

まあ仕方ありませんね。

世の中の風潮からすれば、
1 バカな侵略戦争で
2 無駄な自殺攻撃をした
という価値観でしょうから。

でも、こういう見方もできませんでしょうか。

兵学校出身の職業軍人から比べれば、
軟弱ともいわれる私学の文系が、
国難に際して、勇躍、死地に赴いたんですよ。

せめて母校くらい、評価できませんかねえ。

うーん残念・・・

またこれも似た話で、
知人が働く会社、聞いてみたら、
あの99艦爆や流星艦攻を作っていた会社99艦爆


そうです。ということは、製造製品が、
連合国艦船を最も多く撃沈した会社だったんです。

工場に「連合国艦船撃沈、世界一」なんて看板掲げたらスゴイでしょうね。
まあ、これは妄想ですが。

実際は、ホームページには、それら海軍関連の記載は絶無です。
まあ「恥ずべき歴史」なんでしょう。
現在、日本を覆っている価値観からすれば、
仕方のないことだと思います。

「戦争は絶対悪だ」という考えもあれば、
日本の獅子奮迅で、アジア・アフリカが解放された、
という考えもあります70年前、日本がトボケていて、
今のように一国平和主義でいたならば、
世界は未だ、植民地で満ちていたかもしれません。

見方を変えれば、これまで日本がなしてきた最大の国際貢献は、
「世界から植民地支配を絶滅した」という、
必死の大東亜戦争だったかもしれません。

南冥に散った、海鷲たちに感謝・・・


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment