FC2ブログ

神様が本当にいるのなら

神様が本当にいるのなら
なぜ、こんな悲惨な世界を
許しているのだろうか

そんな言葉が よく聞かれる

人間には 自由が与えられている

とても残念なことに
人間は その自由を行使して

自分の周囲や世界に
悪や悲劇を
それこそ
まき散らしているようにも
見えるだろう

何と 人間は罪深いものかと
絶望して
神を恨む気持ちに 
なるかもしれない

しかし、その罪つくりである
人間を
神さまは下支えしていて下さる

それこそ、全知全能の神様ならば
この世の悪など一撃で
消滅できるかもしれない

しかし 
神さまは黙って待っていらっしゃる

人間が その自由を行使して
自ら意思により

悪を去り 善を取り
憎しみを捨て 愛をなし
不義や不正から遠ざかり
正義や信義を選択することを

人間の本性は 善である

しかし 悲しいかな
迷いの中にある人々は
自由の相克として
悪を生じさせる

神さまは
最後の最後まで
黙って我々を見守って下さる

自由を最大限に行使して
その自由から

限りなく(善きもの)を生み出すことを

この地上が、善念と善行に満ち

幸福で満ち溢れることを




悲しみと苦しみの泥沼の中から
見事な大輪の 蓮の花が咲くことを

神さまは
限りない悲しみと共に
待ち望んでいらっしゃるのだ



スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment