FC2ブログ

氷多ければ水多し

アングリマーラという殺人鬼がいました

彼は100人を殺す願を立て
最後の百人目に、お釈迦さまと出会い
救われたという話が残っています

釈迦弟子となっての出家修行
殺人鬼として白眼視どころか
石もて追われるつらい修行の日々

しかしそんな殺人鬼であっても
立派に釈迦弟子として悟りを開きます

現在、インドに残る釈迦弟子のストゥーパの中で
アングリマーラのものが
飛びぬけて大きいのだそうです

どのような深く大きな罪を犯したとしても
アングリマーラのように
回心して精進すれば 
仏によって許されるという
希望の原理を示しているからでしょう

「氷多ければ水多し」

罪多き人生を送ったとしても
それが逆に多くの人々を救う慈悲心や
救済力になることがあるのです

「我、一度たりとも悪事をなさず」という善人が、
他者のためには 何の役にも立たない場合もあります

もちろん、心からの回心
仏や神によって電撃を受けるように
心を一変させる必要があるでしょうが

しかし 深い罪を犯しても
「反省」という魔法で
仏神は人間を許して下さいます

かつて犯した罪に 心が震えることがあるならば
どうかアングリマーラのストゥーパを思い出してみてください

犯罪行為のみならず
人間は誰しも かつて犯した罪があるはずです
他人は知らなくても 自分ではその罪を知っています

過去に戻ることも 事実を変えることもできません

しかし反省し、心の糧となして
他者への慈悲の眼や 救済の手に転化することは可能です

殺人鬼すら救う というのが
お釈迦様の教えです

真の反省からは 殺人鬼すら救われます

誰でも
どこからでも 
人生はやり直すことが可能なのです

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment