FC2ブログ

○ 病は与えられる

病は 天から与えられることがある

もちろん 自分の智慧のなさから
病にかかることは多い

大酒に夜遊びや暴食
生活習慣の乱れからの病は存在するし

肉体的な過労もあれば
精神的な過労もある

精神が病んで肉体に及ぼす病気もあろうし

このあたりは
「原因あって結果あり」の自業自得の延長であろう

しかし「与えられる」病気としか思えないこともある

先天性のハンディキャップは
神仕組みが また別途にあると思う

でも得意の絶頂の中で
反省のために与えられる病気もあるようだ

ワンマンな社長さんなど

全ての栄光や業績は
自分の力だけで奪い取ったと思い

傍若無人に 得意の極致にある人がいる

こうした人に「気づき」を与えるために
病が天から下されることがあるのだろう

いかなる得意の絶頂も
永遠には続かない
少なくとも あの世からの
「無常の風」が吹けば
この世の栄華など
あの平家の夢のようなものだ

その「無常」なるものにだけ
人生の血道をあげている「絶頂」の人に

感謝の心
謙虚さ
愛や慈悲

そうした「無常ならざるもの」
「永遠の価値」を気づかせるために

天が慈悲として 病を与えることがあるのだ

それは 病だけではない

天を呪いたくなるような
不合理な逆境に 
身も心も ボロボロになることもあろう

そんな時にこそ 天の慈悲の眼差しを 
見出すべきなのだ

いかに困難であろうとも 
天の慈悲の眼差しは 
絶対に 我々を見守っているはずだからだ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment