FC2ブログ

慈眼

不思議なことだが
眼だけで その人の心が見える場合がある

怒りや嫉妬に狂っている眼もあれば
冷たい眼の人
そして、優しい眼をしている人もいる

なぜ優しい眼になれたのか
それはひとそれぞれかもしれない

そのひと生来のものである可能性もある
しかし本当に優しい眼をしている人は
とても悲しい経験をしている人が多い

苦しみや悲しみのどん底を知っているがゆえに
他者を見る眼に慈悲心がにじみ出るのだ

「艱難汝を玉にす」、という言葉があるが
苦難困難が、その人の人格を陶冶し
心に慈悲心を生じさせたのであろう

同じ悲しみを受けても
残念ながらその困難に打ち負けて
悲しみの中で さ迷う方もいる

同じ水を飲んでも
蛇はそれから毒を作り
牛はそれから乳を作る

この世界の全ての事象は
我々に常に問いかけるのだ

お前はここから何を学ぶのか、と

いかなる困難な条件にあろうとも
いかに厳しい事態となろうとも

そこから学ぶ人は人生の勝者である

なしうれば、慈悲の眼を持つ人となれますように

全ての人の人生が
成功からも失敗からも
尊い宝物をえられますように

そう念じて止まない
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment