FC2ブログ

我らの眼中難事なし

○ 我らの眼中難事なし

昭和20年4月7日に沈んだ
戦艦「大和」以下の第二艦隊は
帝国海軍の軍歌「如何に狂風」を
口ずさんで沖縄の海に向かったと聞きます

如何に狂風吹きまくも
如何に怒涛は逆巻くも
たとえ敵艦多くとも
何恐れんや義勇の士
大和魂満ち満てる
我らの眼中難事なし

十死零生の水上特攻
沖縄の海に満ち満てる
数百隻の敵艦隊
雲霞の如き敵航空機の大群

帝国海軍最後の水上砲戦部隊は
「我らの眼中難事なし」と
断じて出撃していきました

一億特攻の先駆けとして
沖縄県民に殉ずるため
帝国海軍の最期を飾るため

私利私欲の現代人には
合理主義で見れば無意味
経済至上主義で考えれば浪費でしょう

しかし
彼ら第二艦隊将兵の勇気と献身こそ

私利私欲の日本に
今こそ必要ではないでしょうか

「我らの眼中難事なし」と
口ずさみながら死地に赴く
その特攻精神が第二艦隊
大和
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment