FC2ブログ

○ 柳昇師匠

春風亭柳昇師匠の青春は
陰惨なものだった

楽しい職場とブラスバンドから
戦場へと狩り出された
青春の貴重な数年

生命こそ失わなかったが
激戦と勇気の代償は
傷痍軍人としての帰郷だった

しかし 著書の「与太郎戦記」
何という明るさだろう

恨むでもなく
悲しむでも 苦しむでもなく
その時々を 精一杯
明るく楽しく生きている

人によっては
同じ体験をしても
陰惨な話となるだろうに
柳昇師匠にかかると
戦場の日々は
まるで 長い修学旅行だ

どんな環境でも
楽しく過ごせる人がある
喜びと楽しみの種を
自分で発見できる人だ

同じく
苦しみや悲しみ
恨みにねたみ
そんなものだけで
心を満たす人もいる

同じ体験が 修学旅行にもなれば
地獄の日々ともなる

同じ世界を見て
全く違う景色が見える

やはり 心が全てなのだ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment