FC2ブログ

○ 驕り

驕り高ぶるの「驕り」ですが
普通には使わない言葉かもしれません

仏教でいう「3つの驕り」は
少し 普通とはニュアンスが違う気がします

「慢心する」まで行かないで
「当たり前」だと 油断する感じでしょうか

その三つとは「若さ」「健康」「生命」です

全て 失われそうになったり 失ったりしてから
初めて 慌てふためきます
要するに「驕っている」のです

若い頃の暴飲暴食
それが祟って 健康を害した方
なぜか 私の周辺にはたくさんいます

やはり全ての事象には 原因と結果があります
一生大事に使うべき身体も
雑に扱えば 早めにガタが来るだけの話です。

まあ 逆に肉体だけの健康を心がけても
あの世に持って帰れるわけではありません
しかし 驕らず たゆまず自己を律した精神性だけは
どうやら 持って帰れるようです

与えられたものに感謝することは
本当は難しいことです

健康や若さに限らず 全てのものは 
奪われた時に初めて 感謝できますよね
人間は さほどに目先だけに捕らわれます

自らの肉体をも客観視し
全ての事象が自分の肉体をも含めて
移ろい過ぎていく

それを感得できれば
次には 今あること全てへの
感謝につながるかと
そう思うのです

そう考えれば
苦しみも悲しみも 全ては
何かを学ぶため

最後に残るのは 感謝でしょうか
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment