FC2ブログ

○あの世がある

硫黄島守備の混成第二旅団長 
千田貞季少将は
全滅を前にして 各級指揮官を参集し
別杯を交わしました
「みなさん 本当にご苦労様でした 靖国神社で会いましょう」

その場にいる指揮官だけでなく
硫黄島の土となった部下将兵全員に対する
感謝の言葉だと思います
死んで全てが終わるのでは
あまりにも悲しい
懸命に生きて 懸命に戦って 硫黄島の土となる
何も報われないのでは やりきれない
せめて魂魄だけでも残り
靖国神社に行くと信じたい

それが 死に行く将兵の本音だったと思うのです

善因善果 悪因悪果

原因結果の法則は
あの世が存在することで完結します

義人は世に多くても
報われないことがある
悪人は世にはびこっても
栄えて見えることもある

しかし あの世があるから
仏は 全てをご存知だから

努力は全て無駄になりません
誰も見ていなくても
誰も知らなくても
確実にそれは 報われるのです

カバルアンという名のフィリピンの丘で
英雄的な戦闘をし
全滅をした部隊がいました

一人の兵が こう述懐したそうです

俺たちがここで がんばったことを 
誰かが わかってくれるよなあ と

無駄な努力など 一切ありません
仏は 全てをご存知です

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment