FC2ブログ

蓮舫さんも甘かったねえ

民進党の蓮舫代表代行が、二重国籍問題でぶれまくっている。

あくまで一般論だが、ぶれまくる時には、ウソをウソで塗り固めている場合が多い。

その原則を今回の二重国籍事件に当てはめると、
「やはり、何かマズイことしてたんだろうな」、という感覚は濃い。

吾人の知人にも、二重国籍者がいる。
彼は欧州系だが、成人に達していてもパスポートを二つ保持しており、
上手に二つの国籍を使い分けている。

「片一方の国籍は放棄しなきゃならないんだよね」と、訊ねたが、
「大丈夫だ。バレはしない」とのこと。

彼は、彼の意識上では、日本人でもなければ欧州某国人でもなく、
「世界市民とでもいうべき存在」なのであろう。

そこに存在しないのは「ロイヤリティ」である。

会社に就職すれば、誰しにも要求される「会社へのロイヤリティ」
「忠誠心」と翻訳するべき概念だろう。

会社へのロイヤリティは、「アルバイトしない」とか「横領しない」とか、
あるいは「きちんと働け」ぐらいの、大したことない問題で済む。
(まあ、これでも一大事ではあるが)

しかし、国籍というのは、人間の生死にかかわる一大事だ、ということが、
この「お花畑」日本に住んでいると、中々分からないことは多い。

例えば、帰化するということは、
あの米国における日系人のように、
一朝有事の際は、出生国に対して戦う、ということを意味する。
(これは、お花畑「世界市民」には理解できないかもしれない)

パスポートの違いで、生死を分けることなど、
世界史上、枚挙の暇がないほどだ。

ぬくぬくと平和の中でお花畑を楽しんできた「世界市民」では
権利しか主張しないだろうが、通常世界での常識では、
「義務」も存在する。権利もあれば義務もあるのだ。

その国のパスポートを持つということは、
その国に対するロイヤリティも発生するということなのだ。

成人後も、他国のパスポートとロイヤリティを保持するということは、
その他国への「シンパシーを捨てない」というレベルの問題ではない。
それが一民間人であればいいのだが、
国家の現在と未来に直結する国会議員では、
致命的な問題となるのではないだろうか。

二重国籍の問題点は、
国会議員においては先鋭化する。

日本国に対するロイヤリティに疑問符が付くこと。
これは通常は「無政府主義者」「反政府主義者」として顕在化する場合が多い。

それともう一つ、他国へのロイヤリティの存在を、大いに想像させることだ。
これは通常「他国への内通者」として「売国」の汚名を着る場合が多い。

世界政府も結構
世界市民も理想かもしれない

しかし、他国に併呑される危険がある今、
「他国へのシンパシー」に満ちて、日本の舵取りをさせるわけにはいかない。

その人の心は、行いに顕れる。これは隠しようがない。

二重国籍を解消することなく、
少なくともメディアには「台湾籍である」ことを明言してきた、
その行動と、その奥にある「心」について、
忌憚なく国民に説明されることを、お勧めする。

民進党代表代行という、
日本をある意味で代表される国会議員としては、
それが最低の義務であろう。

14188382243_ce2b6002d7_z.jpg
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment