FC2ブログ

○ 心の中の宝物

誰でも 心の中に宝物がある

それは 過去の思い出だ

愛された思い出
愛した思い出

それがあるから 
人は皆 
つらい人生を渡っていける

子供が小さい頃
色々と連れて行ったことなど
子供は きれいに忘れてしまう

でも その楽しかった「思い」だけは
潜在意識に 大事にしまってある

愛された記憶だ

そんな愛で 潜在意識が満たされていれば
自分をも他人をも社会をも
全てを 自信たっぷりで肯定できる

でも そんな愛された記憶が
心の土台にないと

自分をも他人をも信じられず
その人生観は悲しい
愛は 不在となりがちだ

一つ一つの愛の行為は
それは世間の巨悪に比べれば
何の力もなく見える

でも 愛があるかないか
心に宝物があるかないかで
子供であれ大人であれ
人生の輝きが まるで違うのは事実だ

小さな愛で 
子供も大人も包み込み
満たされれば
巨悪の入り込む隙間はない

心に愛の宝物を

自分の心の奥底に
愛が土台となっているならば
次は 他者の心の土台に
小さな愛の記憶を

ささやかでいい
愛をプレゼントする

それが 確実に世界を変える
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment