FC2ブログ

○ 金の切れ目

金の切れ目が 縁の切れ目だという

金や権力 地位や名誉

それが無くなったら

群がっていた人は 
くもの子が散るように居なくなる

定年退職したら
年賀状は激減するそうだし

貢ぐ金が尽きれば 
飲み屋の女の子は 振り向いてもくれない

没落した資産家など
世間は振り向かない

金の切れ目が 縁の切れ目なのだ

だから 自分から「金」なんかの装飾が
失われたらどうなるか
それを想像してみるといい

飾りを取った 地の部分の自分で
魅力を放つか
人が寄ってくるか
金が無くても
残る友人がいるのか

これは なかなか恐ろしい

生きている間は
これらの「装飾品」で
世間はごまかせる

だが やがて
強制的に この装飾品は剥奪される

万人に訪れる「死」である

装飾を取り去った 素の自分
それしか残らない

問われるのは 心の清らかさ

価値があったのは 愛の実践のみ

装飾品のみの人生
その価値はゼロに近かろう
全ては 三途の川で捨てていくものばかりとなる

これを 迷いの人生というのだ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment