FC2ブログ

ギリシャと沖縄

ギリシャの姿は、偏見かもしれませんが

1ユーロという強い通貨を享受して
2強いドイツにオンブしつつ
3せっせとお金を借りては浪費する
4それで稼ぐのが苦手

こんなもんでしょうか。

でも、このギリシャの借金が怖いのは、
外国からの借金だということなんですよね。
「取り立てられる!」ということです。
これが今回のギリシャの問題です。

これでこじれて、ユーロ離脱したら大変ですよー!
ドラクマなんかじゃ、何も買えませんからね。
ギリシャは混迷の極致までいくでしょう。

さてここで先ほどの1から4まで、沖縄と似てませんか?

1「円」が使えるというのは、人類の中でも限られた一部です。
 北朝鮮のウォンと違い何でも買えます。これは「日本人」だからです。

2日本全国の道府県は、強い「東京」に依存して生きています。東京の経済力にオンブです。

3資金の流れは中央政府から各県に。
 沖縄は特に「後世特別のご高配を」と、勇者の配当を余計に受けています。

4観光産業がメインなのは、ギリシャと同じ。経済的自立はかなり困難。

てなもんで、偏見かもしれませんが、かなり似てると思います。
ギリシャと沖縄の違いは、独立国と地方自治体であること。
独立国では、完全な自己責任。国家破綻もありえます。
しかし地方自治体は違います。全国の仲間と一蓮托生。中央政府も尻拭い。甘えてられるんです。

だから、県知事の思うとおりに琉球独立なんかしようものなら、
それは大変!
ユーロ離脱後のギリシャと、沖縄の置かれた条件は全く一致します。

いや更に大変だ、という考えも。
なぜなら、とんでもない隣人をかかえているからです。
「目を血走らせた、飢えたパンダ」
襲い掛かってきますよー。群れから離れたシーサーに。
拙文に反感を持たれた方がいるならば、どうか反論を。
ギリシャと沖縄が違うことを、なにとぞ論駁してください。
さすれば、当方も、多少は安心できますので。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment