FC2ブログ

○ ごみへの愛

私は なかなか物の処分ができません
完全に使い切ってから 
額にあてて感謝してから捨てています

物にも意識があると 
聞いたからです

お師匠さんの かつての話
 
おおわらわで 実家の片付けをして
多くの 粗大ごみが出たそうです

普通ならば ごみですから
裏口から 業者に引き取らせるのは当然

その「ごみ」を 
きちんと綺麗に磨き上げ
感謝して 玄関から送り出したのだそうです

すると その日の夜
誰か この世ではないモノが
挨拶に来たそうです

それが 処分した「ごみ」の代表

感謝とともに 玄関から出してくれたこと
その感謝を伝えにきたとか

その他 ごみ・あくたの類が
掃除されて 処分されることを喜んだり

動植物と形態は違えども
モノに意識があるとわかれば

もう 森羅万象に対して
粗雑には 扱えません

感謝もすれば 愛することも当然です

「ごみ」になるまで 尽くしてくれた
彼らの愛

それに応えるには
また自らも 違う形で
愛を発して 次にバトンを渡す

世界の全ては 
愛で出来ているかもしれません


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment