FC2ブログ

○ 第二の矢

生きている限り
誰しもが「四苦八苦」からは逃れがたい

この苦しみの矢が
心に刺さることは 仕方のないことだ

生・老・病・死の「四苦」
これは万人に与えられた課題だ

他に 避けられない苦しみには
時代や 国籍
生まれた地域や 家族構成など
偶業に類することもある

偶業とは 個人の業(不偶業)ではなく
集団の業のことを言う

いかに善人として生きようが
大東亜戦争の時代に 日本人として生まれれば
東京大空襲で被災するようなものだ

心に刺さる「矢」には
避けられる苦しみもあるだろう

自分の智慧のなさで招く苦しみや
他者から与えられる苦しみだ

しかし「四苦八苦」や「偶業」を考えれば
どうしても避けられない「矢」は存在する

だが ここからが勝負だ

その心に刺さった「矢」によって
心に曇りを生じさせる
これがさらに恐ろしい
「第二の矢」となる

様々な苦しみはあろう
自分を苦しめる「悪人」や
積極的に悪をなしたり
嘘をついて恬として恥じない
団体や国家もあろう

しかし それで自分が
心に曇りを生じさせてはならない

第二の矢を刺すのは
自分自身だからだ

同じ水を飲んで
牛はそれから乳を作り
蛇はそれから毒を作る

第一の矢が当たったとしても
心 平静であれば
その矢は心までは届かない

巨悪と同じ土俵に立たず
平静心で 悪を制する
そんな道もあるはずだ

ともあれ
第二の矢に 心貫かれるなかれ
人生は 日々一瞬一瞬が勝負である

その勝負の相手は 他人ではない
自分自身の心であるのだ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment