FC2ブログ

○ 言葉は難しい

人を生かすのも
人を殺すのも
言葉であることが多い

しかし 言葉を十二分に操ることは難しい

思いを 完全に表現することが
本当に難しいからだ

面と向かって 話しても
誤解を受ける場合があるくらいだ

それが 手紙ならまだしも
メールの文面など
本当に 相手に誤解を与えかねない

たった一度 他人から言われた言葉が
ナイフのように刺さったままで
何十年も過ごす場合もある

言った本人が 何気なく発した言葉でも
聞く本人には 刺さる場合があろう

気づかずに 他人を傷つけている
そんな事も 多いかもしれない

人は 口中に剣を持って生まれてくるという

その口中の剣が
自分も他人も切り刻むのだ

それゆえ 口が禍の元となる

だが 同じ口からは 愛の言葉も発することは可能だ
慈悲の思いを 表現することも可能だ

美しい言葉から 
安らぎや 思いやりの世界を創造することも可能である

あの有名な 空也上人像
上人が唱えた念仏の一言一言が
小さな仏となって出てくる

同じように我々も
発する言葉が
愛や光となせるのだ

口中の剣で自他を切り刻むか

発する光と愛で
自他を生かしきるか

それは自分自身にかかっている

言葉を発する その時だけでも
心を愛で満たそう

相手にとって厳しい言葉である時こそ
攻撃でなく 愛で満たせ

どのような厳しい言葉も
相手を思う真心から出れば

他者は 必ずそれを
愛だと 感じてくれるはずだからだ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment