FC2ブログ

○ 畏友

かっこいい人だったいつも 洗い立てのようないい香りに包まれて清潔で上品な服装に身を包み常に控えめに 謙虚で眼には 優しい光をたたえていたまったく 評価を求めず目立たないところで献身と努力の汗を流し心は穏やかで慈愛に満ちていたその畏友の訃報に接したのだ坦々と この世での義務と奉仕を果たし坦々と あの世に旅立たれた個人的な幸福とは距離があったかもしれない栄耀栄華も富貴も関係なかったかもしれないしかし ...

○ みんな素敵

孤独を愛する人もいれば群れになりたがる人もいる家庭を第一に置く人と仕事を優先する人感情を爆発させる人と理性的に冷たい人ヤセてる人 太めの人文系に理系文科系に体育会系どっちかが 正しいわけではない全部 大事な個性神さまから贈られた 大切なギフトだ自分と異質な人だとなかなか理解できないが神さまの庭に植わる色とりどりの花個性が違うのが当たり前その方が 美しい個性の違いは 楽しむもの自分と違った人と会える...

宇宙人

宇宙人がいたならばこれはホントに大変だ創世記も吹っ飛んで世界宗教の価値観はボロボロになるかも宗教を社会秩序の根本とする西洋にしても中東にしてもうろたえまくって否定するだろう本当は世界宗教は共通点だらけ風俗習慣や時代と地域の差によって味付けの部分が違って見えるだけだ宇宙人が現れたりアトランティスでも出て来たら宗教の負の部分は捨象され愛と反省と自己犠牲の本質をお互いに認め合うその一歩となるかもだ違いを...

○ 探す

良い所を探す人と悪い所を探す人出来たことを 喜ぶ人と出来ないことを 嘆く人他人を誉める人と他人をけなす人お世話をする人とお世話してもらいたい人楽しさを見出す人つらさを見つめる人ありがたいと思う人当たり前だと思う人同じ物でも事象でも違う角度からは別物に見える何を探し出せるかで幸不幸は別れる小さな幸せが 探し出せるか不幸の種を 突き続けるか自分の心は 果たして何を探しているのだろう...

戦場

車窓から流れて見える街の連なり日が暮れてその一軒一軒に灯りがともる明るさと 温もりみな等しく帰る家がある貧富の差はあろう一人暮らしの寝グラも あるだろう子供の声に病の床みな懸命に生きてみな懸命に戦って学校や会社あるいは人生という戦場から足を引きずってでも帰れる家庭の何とありがたいことかみな同じ時代で戦う戦友戦士の つかの間の休息が誰かの愛と共にあらんことを傷ついた翼を共に癒やす同志のあらんことをと...

どんな人生なら神様から ほめられるだろう正しいだけでは 自他を裁き豊かなだけでは 堕落し優しいだけでは 悪を見逃し知性だけでは 冷たくなり向上心だけでは 自己中で発展だけでは 天狗になり自己犠牲では 不幸が忍び寄る人生は 人それぞれ置かれた立場で見事に咲けばよい順境にあろうが逆境にあろうが貧富貴賤の差はあろうがその場で美しく咲けばよい美しい人生そんな人生が送れたら本当に素晴らしいのだが...

○ 世の中

仕事している日々だと世界は お金と仕事と合理性でできている愛なんか 言ってたら 負け組みに入るし善意に満ちていれば だまされるビジネスシーンだけ見れば 確かにそうだが全く違った世界も 同時にあるようだいろいろなボランティア団体さまざまな奉仕活動自治会だって子ども会だって老人会だってみんな善意で出来ている悪い面だけ見れば確かに世の中は 欲と金だでも悪い面ばかりではないいい面を見れば世界は一変して見え...

○ 自由

制服があったほうが 実は楽だったりする私服では あれこれセンスも問われるしお金もかかる他人との比較もされるだから お仕着せの制服は楽だだが「それだけしかダメだ」となると少し悲しい自由がないのは動物園の檻と同じ衣食住は確保されるが単なる家畜野生動物なら 自由そのものだが餓える恐れがあるだから「自由」は 応用問題だそして一度 自由の素晴らしさを味わえばもう家畜には戻れない「自由」を知っている 香港の人...

○ 合わせ鏡

なかなかできないのだが他人と接する時悪意を持たないようにしているすると ほんとうに不思議だが会う人会う人すべてが穏やかで 優しい人ばかりになる他人は 合わせ鏡だというこちらが仏の顔でいようとそう努力していればなぜか不思議に 般若は寄ってこない自分の心が全てだ善悪も幸不幸も全て 自分で引き寄せるだから 他人と会う前には鏡の前で 自分の顔のチェックだ疲れていようが 大変だろうがにっこり笑って 善念を絞...

○ 言い訳

他人を蹴落として 金儲けする人ビジネスでの成功を 第一義に置く人見ていて 「ああは なりたくない」と思うでも どうやらこれは 私の「嫉妬」のようだなりたくてもなれない理想自分が成り代われない もどかしさそれが自分の理想像を否定する「嫉妬」だ成功や富貴を否定して清貧を正当化する自分が成功できないことを他人を貶めることで 正当化する本当は 心の清らかさと成功を両立したいのに出来ないことの言い訳で汲々と...

○ お人よし

お人よしで いいと思っている騙すより 騙されたほうがいいし悪口を言うより 言われたほうがいい悪意で人に接するより 善意で接したいし陰でバカにされても こちらはバカにはしない悪意を持ち 陰口をたたけば不思議に必ず 相手に伝わるこれは恐ろしいことだ自分で自分の心を 泥まみれにするだから やられても腹も立たないかわいそうだしそれに 自分でも 気づかずに 同じことしているかもしれないからそれはもちろん 上...

○ やらずぶったくり

普通「いってこい」の「貸し借りなし」で人間社会はできている おすそ分けされたら次回は こちらから持って行く何かのイベントに動員されたら今度は 自分のイベントには義理で来てくれるでも本当は「やらずぶったくり」無償で与えることなど ほんの少しタダで 貰っているものばかり親になって初めて 親のあり難さがわかり仕事を干されてみて 初めて気が付く金銭の代価を払っているとはいえ多くの人の手によって自分の現在の...

幸不幸

同じことをして不平不満たらたらの人と鼻歌交じりの人がいる同じ景色を見てアラを探す人と美しさを見出す人がいる同じことをされて足らないことを指摘する人と満足する人がある不満の種を探す人と感謝の種を探す人悪しきことを探す人と良き事を探し出す人同じ富士山でもそのゴミの量だけ見る人あり木花咲耶姫を見る人ありマイナスで見るか プラスを見るか欲求で見るか 感謝で見るか条件は同じでも幸不幸は 人それぞれやはり 心...