FC2ブログ

○ 認められたい

誰だって 誉められたい認められたいし偉くもなりたいでもその結果だけ欲しいとけっこうツライアピールして成果を見せつけてこれでもかこれでもかとやり続ける不思議なものでそんな ギラギラした上昇志向にはみんな 嫌気がさしてくる敬遠して 距離をとり係わらないようにする誉めるなんて とんでもない本人は まだ足らないのかと更に ものすごいアピールいくら努力しても人が遠のいていくだけだいっぺん 全てを捨ててみよう...

○ 捨てたもんじゃない

欲望で出来たような世の中だ毎日のニュースも暗黒で行き交う人々の眼も暗い一人だけの力では抵抗も出来ない世間に失望し闇に負けて 飲み込まれそうになっても光のかけらが見えれば何とか踏みこたえる世の中 そう捨てたものじゃないヤンキーの兄ちゃんがお年寄りの世話をしていたりオッサンが ゴミ拾いしていたり夜中の赤信号 きちんと待っている酔っ払い手を抜かないで 寒空で仕事をする警備員確かに 世の闇は濃いかもしれな...

○男体山

日光の男体山は南から見たら きれいな山容ですが北側は爆裂火口で 大きくえぐれていますまるで 別の山のようです人間も同じで どちらから見るかで全く異なって見えるようですね他人を完全に評価したり理解したりするのはほとんど不可能です自分の認識力が 及ばずに狭い視点しか持てないことがほとんどではないでしょうかだから 悪しき面が目立つとしても一刀両断せずに「私には分からない別の側面があるかも」と首の皮一枚 ...

○ 慣れる

何か してもらえば当然ながら 感謝するしかし それが重なると当たり前になる悲しいかなやってもらって当然になるのだ夫婦間でも親子の間でもやってもらって当然そこに居るのが当然でも 奪われた時に判る当たり前で 当然のことがいかに大変で ありがたかったか普段 気が付かずに踏みにじっている善意やあるいは献身があるかもしれないご機嫌に ご気楽に生きている自分それを支える涙や汗があるかもしれない自分ひとりで 一...

○ 老後なんか無い

死んで全てが終わるなら何と悲しいことだろうか長い人生での努力の汗や培ってきた技術や経験与えられた愛にそして感謝驚きや感動そんなものが全て焼かれて煙になって消えてしまうと人生の盛りを過ぎれば後は老いて行き身体の自由が利かなくなりやがては枯れていくこんな悲しい人生観は無いしかし 死んでも魂が残るなら話は全く異なるいかなる努力も経験も全ては無駄にならない老後なんか無い自覚さえあれば 永遠に青春だ老け込ん...

○ 正論

正論を言われるとぐうの音も出ない確かにその通り仰る通り反論の余地もありませんでも 生身の人間だと 耐えられないこともあります人それぞれ 事情はありますし一般論の正論を吐かれても困ってしまうことも多いです意見を言えば 言い訳になるし軟弱だと誹られる高論卓説は結構ですが自分が傷つかない高みから他者に「あるべき」論を吐くのは気楽でいいなあ批評してりゃ済むからそんな気にもなりますやはり 正論は自らに課し断...

○ 因果

子供が授からずに 苦しむ人がいる授かった子供が グレて悩む人がいる子供の成績が悪くて悩み成績が良くても トップになれずに悩む高学歴を授けても巣立って 親から関係なくなり全く別世界の人間となり親子の間で 会話すらできなくなる向上心に燃えれば 故郷を捨てることとなり身の丈に合った生き方では 田舎でくすぶる何かを得れば 幸福になる訳ではない得られても 失うし失っても 得られる何らかの結果は次の原因となり...

○ お金で買える

金で買えるモノと 買えないモノどっちも大事ですよねお金が無ければ 生きてはいけません食べ物も 着る物も 燃料だってどうしたって 必要ですでも 金だけあれば幸せかというとそうでもありませんよねお金持ちには それなりの苦労もありますし何せ 金で買えるモノには限界があります夜の店の女の子に 入れあげても金の切れ目が縁の切れ目お金で愛人を繋ぎとめても本当の愛が 買えるわけではありません「金で買える幸せ」は...

○あの世がある

硫黄島守備の混成第二旅団長 千田貞季少将は全滅を前にして 各級指揮官を参集し別杯を交わしました「みなさん 本当にご苦労様でした 靖国神社で会いましょう」その場にいる指揮官だけでなく硫黄島の土となった部下将兵全員に対する感謝の言葉だと思います死んで全てが終わるのではあまりにも悲しい懸命に生きて 懸命に戦って 硫黄島の土となる何も報われないのでは やりきれないせめて魂魄だけでも残り靖国神社に行くと信じ...

○ 困る

あの世があると 困る人がいるこの世だけだと思うからお金や地位や名誉に 執着してきたそのためだけに生きてきたのにあの世に 持って帰れないじゃないか死んだら終わりだと 思うからバレなければ かまわないと悪いことを考えて悪いことをしてきたでもそれじゃあ バレちゃうじゃないの地獄があるなんて 認めたくない死ねば 全てが終わりならいかなる努力も 徒労死ねば灰になってお終い面白おかしく 欲にまみれて生きればい...

○ 悪意

まあ なるべくなのだが悪意は 抱かないようにしている自分だって 半端者だから みんな至らない同士間違うし誤解もするし発展途上の凡人だ色々と やり方は違うだろうし自分だけが正しいことなんか ありえない悪意に悪意で応えれば永遠の平行線の敵同士でも こっちが悪意を持たなけりゃいつの間にか関係も修復する競争も競合もある路線や方針の対立もある利害の衝突も 何となく気に入らないこともジェラシーも 嫉妬も そね...

○ 雪だるま

学べる人は逆境からも順境からも学ぶまったく同じ環境でも誰からも 何からも学ぶことができないそんな人もいる全てを生かせる人と全てを無駄にしてしまう人つらく悲しい人生日々の雑務それを血肉にし 学ぶ人もいる教訓であったり優しさであったり人が この世に生まれてくるのは様々な経験を味わうため苦しいことも悲しいこともみんな 悟りに導く教師今この時代この環境 この出来事は永遠に来ない知識も経験も悲しみも苦しみも...

○ 不思議

不思議なもので星空を見上げただけで幸福になる夕焼けを眺めただけでも風が頬を なでて過ぎても鳥の鳴く声雲に隠れる月太陽のきらめき何でだろう どうして幸福感が湧くのか所有欲や物質欲金銭欲を満たされたのとも達成感みたいな高揚感とも違うしみじみとしてじんわりと 心に沁みる幸福感だボーイスカウトの創始者B-P卿の 最後のメッセージには自然を観察すれば神がいかにこの世を美しく創られたかその喜びがわかると 述べ...

○ 無駄

無駄なことばかり してきたような気がするビジネス書など読まず絶対に 役に立ちそうもない趣味の探求ボーイスカウトなどに力を注ぎ経済的繁栄だけを考えれば愚者の人生だったかもしれないしかし 不思議なことに「無駄」な知識や経験が 発酵し美酒とは言わずとも酒にはなった無駄なことなど 人生には一つもないともかく努力を重ねていくこと井戸を掘り続けることそこに愛があればその知識や経験は 必ずや 井戸から くみ上げ...

○ 自分は正しい

どうしても 自分の方が 正しいと思ってしまう他人の事情なんか 関係ないし自分の立場からしか 物事は考えないまあ 自分にも言い分はあるお互いに 勝手に主張して 平行線それが 人間の悲しさだ他人が エゴむき出しで勝手な主張をしているとまあまあと なだめるのだが自分のことになると 絶対に 損するわけにはいかないと鼻息が荒くなる我見我欲は災いだ と言うが欲心は 眼を曇らせ 血走らせる余分で無駄な「我」を捨...

○本音

本音は 隠して生きてます私だけじゃないでしょう たぶんさらけ出したら 生きていけないそんなこと 考えてるかもしれません利用する思いや世間体バカにする見下す生きている限りはゼロにするのは限りなく難しいでしょうお金持ちや飛ぶ取り落とす勢いの人にはどうしたって媚びますでも その人が 落ち目になった時 どうしますか死んで終わりならこの世が全てなら小利口に立ち回るのが最高でしょうでも あの世があったら心が全...

愛で出来ている

フグは 食べられたくないから身体に毒を溜めるウシさんやブタさんは美味しく 身を供養してくれる 愛ゆえにだお米だって 野菜だって 果物だって みんなみんな美味しく美味しく身を供養してくれる人間が 立派に魂修行に励めるよう愛の心で 生命を捧げるのだ目を転ずれば頬をなでる風 樹樹のざわめき木漏れ日に 鳥のさえずり森羅万象 愛ならざるはない全ては 我ら人間が己を磨き 愛を与えるためこの世は そうした修行の場...

○捨てる

捨てられませんなあ家具も 品物も 本も 何もかも使うわけでもないんですがゴミみたいなものまで何となく捨てられません品物だけではなく考え方や 思い出 成功体験に失敗の痛手これも捨てられませんオレは このやり方で成功したなんてのは 一番始末に悪いようで過去の栄光にすがって 退化の一途です特に 時代の方が 音を立てて変わっていくのですから過去にこだわっていたら変化についていけませんもちろん 変わってはい...

○ トライアンドエラー

知識だけ持っていても何の役にもたたない畳の上の水練そのものだ 持っている知識は行動してみて 初めて役に立つ知識は万能ではなく行動に移せば 失敗の山ともなろう机上の空論全てが 理論どおりではない種々の問題が生じ空理空論の部分が赤裸々となる現実は 失敗から学ぶというトライアンドエラーの連続だ考えてみればこれこそ「中道」に至る道かもしれない机上の空論として「適度」「適当」「ほどほど」などという生ぬるいエ...

明日開催です

40回目...

○ ひきよせ

引力じゃあありませんが引き寄せますね 色々お金はお金を生むって言いますし類は友を呼ぶとも思ったことは引力となって 引き寄せますし失敗でも成功でもイメージしてたら実現します楽しい人には 楽しい人が暗い集いには そんな人だから 全部 自分が出発点自分が 明るく朗らかで楽しく 勤勉にまあ一言で言えば 前向きに生きていれば良きものは引き寄せられる心の法則を 強く実行してみればそれは結構 効いてきますでも心...

○ まなざし

つらい経験をした人は視線が 優しい人の心の痛みが 分かるからだろう気づかないフリをしてそっと 手を当ててくれる順風満帆飛ぶ鳥落とす勢いの人にも神仏は つらい経験を用意される家族や健康の問題もあろうし事業や仕事にも 色々ある病に倒れて初めて病弱な人やハンディを負う人への視線は変わるだろうしお金で苦労すれば他人の苦しみに 同情する思いも生じる親しい人との別れもあるし敵対する者も出てくるだろうそうして ...

○ 愛の輪

納税の義務があるからお国は 当然の権利だと威張って 国民から税金を取る国民には 権利があるから当然のこととして 福祉を要求する少し 言葉はきついが 奪い合いの「輪」だ義務と権利の円環だベクトルは 真逆だが愛も輪になる円環となって グルグルと回る苦しい時情けをかけられれば涙を流して感謝する感謝をすれば 今度は 誰かに お返ししたくなる愛が感謝という触媒を通じて次の愛に変わっていく愛の連環愛の円環愛の...

ネコパワー

○ ネコパワー寒くなると ひざの上に載って暖を取りやがる重くて仕方がないがそれよりも まったり感が 重みと共に伝染してくるぽーっとした気分がネコから伝染まあ人生そんなに気張らなくてもいいかと少し どうでも良くなるネコなんか 上げ膳据え膳で何もしていないように見えるし何の役に立つのか疑問だったがコセコセした人間どもの精神の平衡を取るために仕事波動と対極でまったり感を発信する「波動浄化装置」になってい...

○ 愛が見える

子供の手を引く 母親手を繋いで歩く 若夫婦仏壇の夫の写真に手を合わせる おばあさんキャッチボールをする 父息子お宮参りの 一族総出帰省を迎える 田舎の両親行き交う「愛」が 見えるかのようだこの「かすがい」のような愛がこの世から無くなったら さぞかし 無味乾燥になるだろう相手が 優秀だから愛するのではない相手が 素晴らしい存在だから愛するのではないどんなにダメ亭主でも道楽息子でも因業親父に意地悪ばあ...

○ 心は見えない

心は 見えないから便利だどんなに悪いことを考えていても下心があっても騙し心があっても心の中でベロを出しても表面だけニコニコしていれば何も外には 現れない心の中が憎しみや怒り嫉妬やねたみそんなもので満ちていても外見だけ取り繕えば 分からない卑しい欲望で心があふれ野良犬と同じ心境でも高価な衣類で包めば バレることはない他人をバカにしていてもその人と会う時だけ ごまかせば後でまた もっとバカにできる人間...

○ 敵はいない

共通点を探せば みんな仲間だどんな人だって 共通点はあるものだ一から十まで 完全に異なる人など異星人でもない限り 存在しない悲しいことに違う所だけを見れば 最後は喧嘩になるそれなのに わざわざ 違う所にだけフォーカスするのが 我々だ誰とでも 仲良くしたければ共通点だけ見ることだろうみんな仲間じゃ 敵もいなくなる仲良くしたくないのなら違う点だけ見つめて違和感を持ち 非難すればいい一発で 敵だと認定し...