FC2ブログ

嫌いなもの

○ 嫌いなもの嫌いなものからはどうしても逃げる得意なことや慣れていることに逃げるとりあえず忙しくしておけば言い訳はできるまあ 仕事も進んではいるしサボっているわけではないから自分に対しても 言い訳ができるめんどくさくて電話一本ができない億劫で 書類が作成できない嫌なことめんどくさいこと得意でないこと全部ひっくるめて逃げる得意なことに逃げるまあ 全体的に お役に立つということでは得意なことだけでもい...

努力の果て

○ 努力の果て努力果てに 何を目指すかこれが 天地を分けるどこを目指しているのかそれは人それぞれだろう経済的繁栄事業の成功社会的地位家族との団欒会社での出世趣味の深耕異性との関係心の平安幸福は 人それぞれ目的も 努力も 人それぞれだが ここに隠れた 大きな変数が存在するそれは人生が この世限りか否かだ死して全てが終わるならどんな目的の どんな努力でも自由に進めればいいだけだだが 死して終わらず 魂...

○ 宝の山

宝の山に 登ってもそれが宝だと分からなければただの山でしかない分からなければ 気がつかない気づかなければ みすみす逃すチャンスも同じだが人生の宝物も実は ここかしこに存在していてそれに気が付かないことが ほとんどだろう風のさわやかさに 気が付く人人の温かさに 気が付く人太陽のぬくもりや雲の白さあるいは 家族のありがたさ顧客への感謝人それぞれに気が付くことは違うでもそれは皆 宝の山の ほんの一部世界...

○ 眼で見えるもの

眼で見えて手で触れて数値化できて試験管の中で再現できるこの世の 見える物だけ科学で証明されたものだけが世界の全てだというでも 広大無辺のこの宇宙秘密を全部 解き明かしたわけではない科学では まだ計り知れない大宇宙の神秘は 存在する本当に大事なものは眼にも見えず手でも触れない友情信頼愛感謝愛を証明してみよ友情を数値化するか信頼を貨幣価値で現すか科学は万能ではないあくまで 人間の使う道具である主客を間...

第39回 勉強会

土曜日開催の勉強会です。開催場所が通常と異なり、南越谷のコミセンですので、お間違えのないよう、お越しくださいませ...

中道

○ 中道太りすぎの人は ダイエットするのが 中道への努力やせすぎの人はカロリーを取るのが 中道への努力人によってあるいは 時期によってまたは 社会条件や時代その時々で 中道は変わる仕事と家庭の中道もあるだろう勉強と運動の中道も勤勉と休息の中道も禁欲の中道もそして 霊肉の中道もあるあの世に帰る存在ならばこの世と あの世の関連に 中道もあるはずだ欲望バリバリの この世的な人間「厭離穢土欣求浄土」だけ考...

○ 夢夢や理想は 持った人の勝ちだ今 立っている所からはるか 遠くの高みまで自分を押し上げる 原動力となる夢がなければ 現状維持で理想がなければ 自己変革も無い夢を持てば 走らざるをえず理想があれば 向上する道が見えるできれば その夢が自分だけの欲得に止まらず多くの人の幸福につながれば最高だ自分の夢の実現がゼロサムゲームの勝利で他者を押しのけて 自分だけの幸福では少し悲しいやはり 愛が根本にあって...

○ 鏡本当に不思議だが悪意を抱くと 悪意が帰る嫌いなヤツには 必ず嫌われるし好ましく思えば 不思議に好意を抱かれる人の心は 鏡だ思っていること抱いている感情そんなものが 全て相手に通じて反射して 帰ってくるこの法則をずるがしこく 商売に使うこともあるがまあ なるべくは 本心から悪意は抱かないようにしている自分が 損したり 傷ついたりするとどうしても 悪意や悪口が出る傷つく弱い自分や損得で考えるセコ...

あきらめない

○ あきらめない日本山岳遭難史で 最悪の大量遭難を描いた映画「八甲田山」主人公の指揮官が吐く 有名なセリフがあります暴風雪の山中で 進退窮まり天は我々を見捨てたか と叫ぶのです指揮官を信じて 何とか生きて帰ろうと 必死に従ってきた 部下将兵の多くがその場で 絶望して亡くなりましたなにくそ オレ一人でもとあきらめなかった兵士は生き残れましたが指揮官の言葉に絶望した将兵は聞いたその場で 動くこともなく...

お人好し

お人好しでいい騙すより  騙される方がいい 信じないより信じた方がいいもちろん智慧の視点から しっかり見ているつもりだがそれでも お人好しでいいと思う白眼視されたり さげすまれたり陰口もあるそれでも お人好しでいい いつもニコニコしていたい最初から騙そうとする そんな悪人は少ない素直に信じ続ければ回り道しても 帰ってくる不信には不信が悪意には悪意が ずるさにはずるさが しっかりと帰ってくるだから信じないよ...

○ どうせやるなら

どうせやるなら楽しくやろう嫌々やると 時間は長い好きなことだけ できるなら人生 こんなに楽はないそうは上手くは行かないのが人生 これがオツなとこ仕事だろうが なんだろうが面倒ごとは 後たたずぶちぶち ぶちぶち 不平を言ってたらたら 不満の塊りで地獄の時間を過ごすよりどうせやるなら楽しくやろううきうき 心を弾ませて機嫌よくやりゃ 暗黒の時間は 黄金に染まるだろどんなに ひどい環境でも心ひとつで 世界...

○ 縁起の理法

縁起の理法を信じる縁起とは 因縁生起の略で原因結果の法則蒔いた種は 刈り取らねばならない蒔かない種は 生えないということこれは 実は ありがたいことだ努力が無駄にならない良き種を蒔けば 良き果実がなる善行を行えば 福徳があるすなわち 善人が栄えて悪人が 滅びるということだ正直者が バカを見ないということだ愚かな行為を重ねれば必ず 報いが来る悪心をもって悪事を重ねれば必ず 滅びの門に至るということだ...

○ 森林生活術

ロッキー山脈あたりでアメリカ人が言っていたことです森で迷ったら素人ですと 大抵は暗くなって動けなくなるまで歩きますでも森林生活術のプロは違うのです何時まで行動するか逆算して考えます快適に寝る場所の確保炊事の時間だから 日暮れの数時間前までには快適に野宿ができる場所を探す快適な場所に野営焚き火をして悠々と過ごすのと日暮れまで あせって動きろくな野営もできないのとでは大きく快適さが違いますこれは 森の...

老後

死ねば終わりだと思えば老後とは 敗戦処理となる勝ち組ならば 暇つぶしだどんな努力も 虚しいし楽しければ それでいいしかし あの世があるならば話しは全く別になる生きている間の努力や汗は一切 無駄にならない手に握りしめた財産欲や金銭欲は手放して透明になる必要はあるが前向きに生きる限り倒れるまで青春だこの世限りでないならばお人好しや陰徳は完全な勝ち組だし善意や善行が金銀財宝の上となる肉体年齢など関係ない...

○ 心の中の宝物

誰でも 心の中に宝物があるそれは 過去の思い出だ愛された思い出愛した思い出それがあるから 人は皆 つらい人生を渡っていける子供が小さい頃色々と連れて行ったことなど子供は きれいに忘れてしまうでも その楽しかった「思い」だけは潜在意識に 大事にしまってある愛された記憶だそんな愛で 潜在意識が満たされていれば自分をも他人をも社会をも全てを 自信たっぷりで肯定できるでも そんな愛された記憶が心の土台にな...

○ 悩みの中

普通の人は自分の悩みで精一杯他人の悩みなど知ったことではないかえって 他人の不幸を喜びほくそ笑むのが関の山だそんな中で悩みの中にある人がいた他人のことで 悩んでいた他人との 人間関係に悩むのでなく他人自体のことで 思い煩っていたのだこれこそ天使の予備軍のなす業他者ことで悩むこれはずいぶんと 贅沢な悩みみんな 自分の問題集を解くので 精一杯それが 他人の問題集まで解けるとはどうせ悩むなら 他人のこと...

千差万別

同じものを見ていても見方は千差万別兄弟けんかでも言い分は違うし 国家間では歴史論争になる立場が違えば見方は違う同じ見方や考え方を他人に強いれば そこに闇や諍いが生じる自分から見えるのが世界の全てだと どうしても思ってしまうが それもまた我見だ大人になって初めてわかること学識を得て発見したり結婚して見えてくること子供が生まれて気付くこと成功して失敗して あるいは病で そして最後は死の淵でようやく分かること...

○ 自戒

もう ずっと前のことだが他人の見苦しい姿を見て自戒したことがあるできる限り 真実語を話そうと誰も 本当のことは言わないものだ先日参加したセミナーで米国の学者は対日政策の 肝心の部分には触れなかった政治家の発言や街宣官僚の国会答弁や参考人招致ビジネスシーンや学校生活家庭に友人関係包み隠さず 全てを話しては人間関係の破綻や人生の破滅を意味するかもしれない知恵の観点からも触れない真実があるそれは分かるし...

○ 同行二人

お遍路さんの笠には「同行二人」と書いてあります弘法大師が つらい旅路を 共に歩いて下さるということある若者が その日記に こう記しました同行一人誰も来るな彼は 特攻隊員沖縄の海に突っ込む前に 書き記したのです今の考えならばこれは非難であり批判の言葉非道な特攻作戦で生命を捨てるその理不尽さだと思うでしょうだが 彼の思いは 少し違うこんな戦いは 俺一人がやれば十分だこの戦いは俺が突っ込むことで終わらせ...

失敗

成功ばかりすることは まず ありえない失敗は 絶対に人生につきものだ失敗も挫折もしていないという人は感受性が薄いのかそれとも ボーっと生きている人だろう成功したとしても恨みやねたみを買いあるいは慢心して次の失敗の種となるとにかく失敗や挫折は人生につきものなのだ仏教では人生皆苦ともいうしかし この苦しみから教訓を汲めるかどうかが大事だ同じ過ちを犯さないように同じ環境ならば今度は成功に至れるようにだ失...

○ 時間限定

笑顔が大事といってもずーっと笑顔のままではいられない疲れることもあるし気分が沈む時だってある疲れた心の無表情これで笑顔はありえないだからせめて他人と会う時だけは無理をして笑顔を出す相手に対するエチケットでもあるがその時だけでもと善念と善意 愛を心の底から搾り出して笑顔を相手にお届けするその時だけの時間限定の愛「顔施」だできればその時間限定を外してみたいのは やまやまだがそう簡単ではない薄ら笑いでも...

○ ありがとう

ダウン症という障がいを負って生まれて来た兄は40年の生涯の最後白血病で亡くなりましたお世話になった学園の園長先生の教え通りに「ありがとう」と 最後まで言い続けて 息を引き取りました不思議なことに亡くなる少し前に眼を見開いて天井の方をキョロキョロと見ていたそうです心清いままの生涯でしたから迎えの天使たちを見ることができたのでしょう役に立つか立たないかそうした有用性の物差しだけで見たならば何の役にも立...

○ 怒ると

怒ると 全部ぶちこわし正当だろうが なかろうが感情が高ぶり興奮して大声を出したらもうお終いその人の 存在そのものが否定される仕事ができないとかルーズだとか頭の出来不出来そんなのは仕方の無いことだが感情を爆発させ怒りのコントロールができないとああ こりゃダメだそんな烙印を押される瞬間湯沸かし器なんて言われるとどれだけ仕事ができる人でも存在自体が敬遠される怒りを爆発させるにはさせるなりの正当な理由もあ...

悩み

たまには 悩む それはまあ いろいろある誰でも 悩もうとおもえば いくらでも悩めるもんだ 本人にしてみれば本当に 世界の重大事だそんな時 視点を身の丈から外して はるか高空に舞い上がってみる大気の底で ありんこのように うごめく自分何か 悩むのがバカらしくなる時間の流れでも同じ江戸時代だつて古墳時代だつて悲劇に喜劇 悩みとドラマは尽きないだろうでも 時間の流れの中 全ては押し流れていく空間と時間 無限遠点に...

○ だまされた

色んな人に利用されだまされてもう誰も信用しないそんな人と 話をした自分の心が 引き寄せたんだろうなあそういう人たちと 波長があったんだろうなあ相手に罪を犯させないそんな智慧が足らなかったかなあアドバイスするとしたらそんなことだなあと話を聞きながら思っていたでも そんなこと言ってもわからないしどうしようもない何度も話してそれからだだからその場ではだますより だまされた方が幸福になりますよだます人は ...

○ 忘れちゃいましょう

忘れるって 便利ですそりゃあ 他人を恨みたくなることもあるし思い出したら 恥ずかしくって赤面するような 自分の失敗もあるでも それを引きずったって 何もいいことはないでしょ忘れちまうと いいですよ何しろ 心が軽くなる恨み続けて いいことは何もありませんや他人から 疎まれるだけだし自分の過去を引きずるのもまあ 生産性はゼロですかね他人からすれば そんな過去どうでもいいことですよ自意識過剰だと自分も他...

○ 不思議な男

私の父は 陸軍砲兵上等兵で戦後 シベリアに抑留されていました零下40度の極寒足らざる食料と強制労働多くの日本兵がシベリアの土になりました就寝前に家族の写真を眺めため息をついていると翌朝には 冷たくなっている体力の弱った兵隊からバタバタと斃れていったそうですソ連側に寝返って裏切るような兵隊もたくさん出て悲しい光景や体験を父は たくさん してきたようですごく稀に 甘味品の配給があるようでその大事な栄養...

○ 幸福の種

幸福の種は どこにでもあるああ ありがたいなあそう思えるならば幸福の種は 無尽蔵だ頬をなでる風に燦燦と降り注ぐ陽光振り仰げば 風に千切れ飛ぶ白雲それに心をフォーカスするだけで心は平安に満たされるでも 幸福になるのに大抵は 条件をつけてしまう恋愛にしても受験でも就活に婚活あるいは子供を授かるか否かそして経済的な成功これが無ければ 意味がない手に入らない限り 幸福が来ないどうしても そう思ってしまうで...

○ これだけは

これだけはどうしても 手放せないそんな 重いものを誰でも 持っているたくさん 抱えている人は重くて 本当に大変だ財産に 地位に 名誉それから 妙なこだわりつまらない自尊心握った両手がふさがって大事なことを 取り逃がす素直になれれば幸福になれるのに握ったものが邪魔をして困った事態に追い込まれるそれは 子供や親のこともある仕事や 職業そのものも大事なことは分かるがそれすら手放す覚悟がないと人生に オウ...

○ 自分だけが知っている

後から考えてみると恥ずかしいことは多い同じ事を 毎日していたとしてもそこに どんな思いが込められているかそれこそ天地の差だ外見からは 全く同じに見えたとしてもどんな気持ちでやっていたか天使の心でやる場合もあればキツネのように狡猾な思いも犬のように 餓えた気持ち蛇のように 冷たく騙しの心もあるどれほど 品性に劣っていたとしてもそれを表面に出さなければ獣のような心であっても外見は 天使のフリをしていら...