FC2ブログ

○ 愛は風

愛は風のようだとそう教えられている風が止まれば風でなくなるように愛も止まれば愛ではない自分が待ち望んでいるだけ待っているだけでは愛はどこからも来ないでも自分から愛を発すれば愛は不思議に押し寄せてくるのだ自らが風となり自ら愛を発するこれこそが無限の愛の供給源となるだがその風はあくまで透明で混じりけがあってはならない砂塵まじりの風では人を傷つけ人を害することとなる砂塵とは「自分が」という「我見」と「自...

○ 愛は人を生かす

砂糖菓子のような人を甘やかす愛もある食べたい物口あたりのいい物だけを欲しいだけ与えれば虫歯にもなれば健康も害する本当に 本人のことを考えれば食べたくない物も食べさせなければならない愛も同じだただただ 可愛がるだけではなく厳しく指導し 善導することはより高次な愛に 進化したことを意味するそのためには自分自身が 立派になっている必要がある知識や経験に裏打ちされた 智慧その人を善導するために必要な観察力...

○ 愛は悲しみ

愛とは何かと問われると悲しみだと答える時があるもちろん 愛には色々な顔があるそのひとつが 悲しみと共にあると思うのだ「同悲同苦」という言葉がある他者の悲しみや苦しみを同じように感じるということだ他の人が不幸にある時悲しみに沈む時共に悲しみ苦しむ心その傷に そっと手を当てる心思わず両手で 受け止めようとする心これが悲しみと共にある「愛」だと思うこの世の避けがたい苦しみである生老病死は 確かに苦しい逆...

○ 愛は喜び

愛さえあればどんな逆境でも 人は幸せを感じるだろう逆に 愛がなければ巨万の富に囲まれていても人は不幸だと思うはずだ様々な愛がある男女間の愛親子の愛隣人愛友人との愛そして神の愛マザー・テレサの 愛と献身が貧困の中で 死に行く人々に神の愛と 喜びを教えるように愛さえあれば たとえ 全てを奪われたとしても人は喜びを得る愛は喜びであるしかし 欲しくても誰も 愛はくれないだから まず自らが 愛を与えるのだ笑...

○ 神様がご覧になると

愛の行為感謝の言葉その実践だけで 人間としては十分及第点だでも 神様からはもう少し厳しくご覧になるその行為そのものが本当に 愛の「思い」に満ちているか本当に 感謝が「心から」であるのか外から見たのでは分からないその人の心 そのものを神様は ご覧になっているまずは 愛や感謝を実践しているのが大前提だが次には それが本物かどうかを問われるのだ愛が 見返りを求める「取引」であったり賞賛や評価を求める「投...

○ 第二の矢

生きている限り誰しもが「四苦八苦」からは逃れがたいこの苦しみの矢が心に刺さることは 仕方のないことだ生・老・病・死の「四苦」これは万人に与えられた課題だ他に 避けられない苦しみには時代や 国籍生まれた地域や 家族構成など偶業に類することもある偶業とは 個人の業(不偶業)ではなく集団の業のことを言ういかに善人として生きようが大東亜戦争の時代に 日本人として生まれれば東京大空襲で被災するようなものだ心...

○ 喜びのゲーム

アメリカの小説「少女パレアナ」に「喜びのゲーム」というのがあるどんなことからでも喜ぶというゲームだ楽しいことなど本当は そんなには存在しない毎日がお誕生日でもなければクリスマスが 頻繁に来るわけもないだから喜びや楽しさは無理をしてでも見出すかそれとも 自分自身で創り出すしかない暗い側面や 悲しいことなど見ようと思えばいくらでも見えるだろうがそれで幸福になることは決してありえないだから「喜びのゲーム...

○ 理不尽

どう考えても 納得のいかないことがあるどう分析しても 自分が悪くないこともある理不尽としか思えないそんな目にあうことは実は 人生のここかしこに ころがっているこんな時には縁起の理法を信じることだかつて 自分がなしたことが今 結果として来ているそれを信じることだ知らずに犯した罪も あるはずだ自分自身が ご機嫌に生きてきても知らないうちに それが他者を傷つけたことも あるだろう世界の全てが分かっていて...

○ 行く雲

雲の流れるさまを見て それだけで 幸福感にみたされる夕焼けの茜色が刻々と変わり行くのを眺め心からの歓びが湧く強い風に大木がざわめく姿小鳥の鳴き声そして虫の音世界は 驚きと感動に満ちているその宝物に気がつく人は人生の達人だたとえ全てが奪われようと心を歓びで満たすことができる人生の ここかしこに歓びの種が満ち満ち また同じく  悲しみや苦しみも溢れるいかなる苦しみの中からでも歓びを見出す人こそ人生の達人...

○ 口に出せないこと

人は 本当のことは なかなか言わない悲しすぎて 口に出せないこともあれば認めたら 誇りを失って 生きていけなくなることもあるつらい記憶には 封印し暗い過去には ふたをするだろうだから なかなか真実を口にはできないそれが 悲しいしかし 人間は 悲しいだけの存在ではないとてつもなく 強い一面をも持つものだいつまでも 過去の苦しみ悲しみにとらわれずに何があっても 前進する力があるのだだから 過去の悲しみ...

○ 笑顔

「笑顔は七難隠す」という確かに 笑顔でいることで損をすることはないどんなに美人でも凍りつくような表情では恐れ多くて近寄れないがそれなりの美人であっても笑顔の人には人は喜んで近づいていく笑顔は安全の証拠だ怒りながら笑うのは難しいし不機嫌でも笑えないだろうねたみや嫉み、嫉妬の炎みんな 笑顔とは縁遠いだから笑顔は世界共通の安全宣言だ心から出る笑顔でなければそれは詐欺にはなるのだがしかし「七難隠す」最大の...

○ 器

人には それぞれの器があるある意味では 限界ともいえるだろう誰もが 思った通りにいかないオリンピック選手になれないし東大に合格するわけでもないタレントとして有名になることもノーベル賞だって 簡単なはずはない「逆立ちしても届かない」なんて表現もするが努力しても及ばないことは残念ながら存在する人には それぞれの器があるからだそれは 個性といっても良い考えてみればオリンピック選手であろうとも東大には合格...

石に刻む

他人から 何を言われるか誉められることは 少なく耳に痛いことは 多いその批判や非難 あるいは賞賛の言葉を誰もが 自分の心に刻むその刻み方は 個人個人によって違う石に刻むように聞く人砂の上に書く人そして水の上に書く人だ言われた言葉を石に刻みずっと心に抱き続ける人がいる心は非難の矢が刺さりっぱなし血が流れ続けているそれが 砂の上に書いたらどうだろうしばらくは 刺さった心の矢もあるが風が吹けば 文字は消...

凍りついた景色

記憶力は 悪いより 良いほうがいいだろう覚えていないよりより覚えていた方が いいとも思うでも 長い人生の中では忘れた方が いいことも多い特に マイナスの記憶はあまり心に留めておかない方が幸せなことが多いだろうつらかったこと悲しかったこと恨みに思い怒りがわいてくるようなことそんな悲しい記憶ばっかり心に刻み込むことが多い遠い記憶凍りついた景色がたいていの人にはあるだろうでも 過去は過去もう過ぎ去って ...

積小為大

断崖絶壁のようにそそりたつ困難長い人生の中にはそんな関所が満載だ日々の仕事のレベルでも山積みの仕事が小さな絶壁となって そびえるどこから手をつけていいのかどうやれば この難関を克服できるのか頭を抱えことは多いしかし どんな巨大に見える困難も細分化して少しずつ取り組めばやがては解決する山登りでは一足飛びに山頂には行けない一歩一歩に集中して無心に足を運ぶふと 振り返ってみると登山口が はるか下界に見え...

自分探し

自分探しをする人がいるでも 世界中探しても 自分なんか探せない自分探しとは言いながら探しているのは自分ではないからだどこかの誰かが自分を評価してくれるどこかの社会が自分を受け入れてくれる自分が何も変わらずとも努力せずとも評価されたい居場所を確保したいそれが自分探しだしかし 自分は造るものだ努力して造り上げるもの汗を流しての自己変革まごころや受けた 手助けに対する涙こつこつと築き上げるのが自分だ探し...

なぜ今、金正恩は対話を求めたのか?

米朝首脳会談が実現するのではという報道があります。北朝鮮は核兵器の開発のための時間稼ぎのためにこの会談を申し出てきたとも言われていますが、もうひとつの見方として、外貨準備高が底をついて国家破綻まで追い込まれているというのが理由なのかと思われます。北朝鮮の外貨準備高は急激に減ってきています。ドルの保有高が大幅に減って、10月頃には底をつくだろうとも言われています。そうなると、北朝鮮で起きるのはとんでも...

○ 生き残るだけでも

当たり前に 毎日を過ごしているが実は 生きて生活できるだけでも十分に めっけものだ会社の資金繰りに 四苦八苦すれば毎日 何とか過ごすだけでも 十分 めっけものだ病魔に冒されて 呻吟していればやはり 小康状態の一日が十分 めっけものだそうした逆境の日々にあれば誰しもが 当たり前の日常に感謝できるだが 人間とは 本当に悲しいものだ目先の苦しみから 解放されればすぐに それを忘れてしまうしかし今日一日が...

○ 沈黙の時間

情報の洪水に さらされているテレビにインターネット最近では スマホの奴隷その内容たるや ゴシップに芸能悪口に捏造ほとんどが無価値のものばかりネットにスマホ 確かに便利だがくず情報を 仕入れるだけ自分自身で考える習慣がどこかに飛んじゃった深く考えることが 出来なくなったこれでは人間としてあまりに薄っぺらになってしまうだから一日のうちに ほんの少しの時間でいい沈黙の時間を取ることは大事だ瞑想とまでいか...

○ 青い鳥

メーテルリンクの童話「青い鳥」子供のころに 読んだ記憶がある幸せをもたらす「青い鳥」を探して兄妹が旅を重ねる童話だ様々な旅を続けて最終的には 我が家にその「青い鳥」がいたそういうラストだと思う「何かを得たら 幸福になる」お金であれ地位であれ名誉であれ何かを得たり 与えられたりすれば 幸福になるそういう風に思い自分の「青い鳥」を探す人も多かろうしかし各人の「青い鳥」はやはり自分の家にいるそれは 幸福...

○ 言葉は難しい

人を生かすのも人を殺すのも言葉であることが多いしかし 言葉を十二分に操ることは難しい思いを 完全に表現することが本当に難しいからだ面と向かって 話しても誤解を受ける場合があるくらいだそれが 手紙ならまだしもメールの文面など本当に 相手に誤解を与えかねないたった一度 他人から言われた言葉がナイフのように刺さったままで何十年も過ごす場合もある言った本人が 何気なく発した言葉でも聞く本人には 刺さる場合...

レッテル

どう考えても相手が悪い場合があるどう考えても行動に間違いがある人や誤った選択をする人もいる「この人は悪い人だ」「この人は間違った人だ」そう決め付けてしまうことは多い実際に 何年たっても変わらずに決め付けた通り そのままの人もいるしかし 過去と一変している人はある程度の割合で確実に存在する人間は 変われるのだだから 他人の存在自体に「悪」や「認識不足」などのレッテルは 貼らないほうがいいかもしれない...

○ 理解されることはない

「誰も理解してくれない」そんな心の悲鳴が あちらこちらであがる大人になるころには心もかたくなになって失望とあきらめが取って代わるがでも 心の底には理解されないという悲しみがしっかりと刻まれたままだ孤独感にも さいなまれようし自分と他人との壁もまるで断崖のように感じているだろうしかし考えてみれば自分の方から他人を100パーセント理解したことがはたしてあっただろうか神様でもない限りそれは絶対に不可能だ...

トランプ大統領の本音

米朝首脳会談の実現が噂されていますが、果たしてどうなのでしょうか?トランプ政権の本音が垣間見える動画を紹介いたします。コメンテーターは、幸福実現党外務局長の及川幸久氏です。■北朝鮮とアメリカの秘密交渉?〈トランプ・チャンネル#60〉  https://www.youtube.com/watch?v=y_6JP3Cvb-U...

○ 自分ひとり

自分ひとりで出来ることなどなにもない無人島に 一人で漂着したらどうだろう人間らしい生活など 何もできない電気もガスもない火も起こせない家だってないし食料を作り出すことも不可能だろう100円ショップで売っているような何ということはない ありふれた商品ですら自分の力だけでは 作り出すことは不可能だ機械に原材料 製造方法それに先立つ科学的発見の数々人類の叡智の上に現在の我々の「当たり前」の生活が成り立っ...

人間は悲しいもの

人間は悲しいものだしてはならないことをどうしても犯してしまうやってはならないと 分かっていながらもその衝動が抑えられない何も 犯罪行為の話ではない飲酒や喫煙か他人の悪口か早起きができないとかネットのゲームにはまるとか悪しき習慣から抜けたくても抜けられないのが悲しい人間の性だそれだけではない人を見下したり差別したりする心や言動怒りやそねみねたみなどのマイナスの想い社会的地位や身分財産の多寡にかかわら...

完璧主義

多くの子供たちと接してみて分かったことがある完璧主義の人間が どれほど不自由な存在か自分が完璧にやり遂げないと怒り投げ出しふてくされる他人からの評価が低いことに耐えられず他者との勝負に負けることに耐えられないのだ人生の勝負は そう甘くないし自分よりも才能や努力が勝る者などいくらでもいる敗北や低評価も人生の至る所に控えている それを 完璧主義者は 受け入れることができないだから 勝負そのものを根本か...

イミテーション

まがい物はギラギラと光っている偽物であることを 隠すためなのかあえて不自然に ギラギラしていることが多いそれが本物である場合光はあまりギラギラせずどっしりとして重々しいいぶし銀の魅力を発するだろう 人間でも同じだ本当の本物は ギラギラと自己主張をせず飾り立てて外面で勝負するようなことはない本物であるという自信さえあれば何も 飾り立てる必要はないからだ技術であれ知識であれスキルであれ智慧であれ悟りで...

○ 利自即利他

通常は こうだ他人の不幸は 自分の幸福であり他人の幸福は 自分の不幸であるまるで 幸福の総量が決まっていてその小さな「幸福」という名のパイを全人類で 切り分けているかのようだたしかに 受験の合格者には定数があるし仕事の勝者・敗者もある成長していく企業もあれば敗れて消滅していく企業も多いだろう生き馬の目を抜くような ビジネスシーン過酷な受験競争なまっちょろいことを言っていたら敗退して 退場の憂き目を...

見方は違う

同じ物を見ているはずでも人によって 見え方は異なる嫁姑問題だって国際問題だってお互いに 言い分がある言い分のその前には考えの違いがあり考えの違いの前には立場による異なった見え方があるのだ同じ富士山を眺めても甲斐から見るのと駿河からでは完全に山容が違うだから、自分の見方だけにとらわれると全体が見えなくなる自分から見たら完全におかしい見方だとしてもその人の立場からはそう見えるのだあまりにも意見が異なり...