FC2ブログ

○ 中道

釈尊は スジャータのミルク粥一杯で「苦楽の中道」を悟られた苦行で骨と皮だけになった肉体に干天の慈雨の如く 栄養が沁み入り苦行の無益を悟られたのだ釈尊の王舎城ならずとも享楽の中には 悟りや安らぎはなくまた苦行ならずとも肉体的疲労の極致に智慧の灯りは見えないだろう享楽の中だけでも肉体の酷使のみでも 真の幸福には至らない張りすぎれば 琴の弦は切れ緩んでいたのでは 琴は鳴らない苦楽の中道は 現代の我々にと...

○泥沼

食欲や 睡眠欲なら まだいいが物欲に 金銭欲出世欲に 名誉欲色欲 酒欲 賭博欲書き連ねると何ともイヤだでも これらのイヤな欲望を全て絶ったしまったら 人間は 生きていられない食欲を絶ったら ミイラになるし色欲を絶ったら 人口はゼロとなる醜く いやらしく そんな欲望が この世で生きていく必須となる心清らかにあろうとしても人の世は 泥沼だしかし 神さまは人間に 魔法を与えたおぞましさを消す 魔法として...

やり直せる

何度でも やり直せるどこからでも やり直せるどん底から やり直せる一人でも やり直せるみんながいるから やり直せる生きてさえいれば やり直せる今だから やり直せる明日から やり直せる愛があるから やり直せるお終いだと思ったら いけないダメだと思っては いけない嫌になっても自暴自棄でも失望しても いけない何度でも やり直せるのだ今 現に 生きているのだから...

○心を満たす

笑いながらは 怒れない悲しくても 笑顔は出ない心の中に 二つは入らないだから 何で心を満たすのかそれが大事怒りに満ちれば 心は怒りだけ悲しみにひたれば 心は悲しみに閉ざされるでも どれだけ怒っても悲しんでも結果や環境が変わるわけではないだから 笑おう苦しみの中でも その中に光を見出して悲しさの中でも その中に希望を見つけて苦しくても 笑顔を出せば不思議に世界は 光り輝く幸福が寄って来る苦しくても笑...

○下支え

スポットライトを浴びて生きていける人は本当に少ないその陰で 多くの人が下支えしている夜明け前から深更まで走る列車深夜の道路工事病院の深夜勤務暗夜の海上での自衛艦仕事といえば仕事だが 社会はそれで回っている自治会や各種団体の役員にボランティア自発的なゴミ拾いに家族の介護何の利得もなく誉められもせず知られることもないそんな善意と献身がこの複雑な社会を支えるどこかに ほころびが見えたらそれに気が付いた人...